小まゆのヘンテコ日記。食費節約2万円生活にチャレンジ中!コメント・リンク大歓迎です♪


by comayu555
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

地震の備え

こんばんは。
今日であの大震災から3カ月経ちましたね。
あの時は気温が-7℃とか冷え込む日が多かったのに、今では30℃近く気温が上がる日も多くなってきました。
それにしても月日の経つのは早いもの、お亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げます。

さて、地震、災害の備え、皆さんはされていますでしょうか?
わたしとエディさん、震災までは何もしていませんでした。懐中電灯さえなかったくらいですから。幸いお米少しとパスタ、インスタントラーメンの買い置きや、実家から貰った白菜や土葱があったので、当座の食料にはそんなに困りませんでした。

そうそう、皆さんもうご存じかもしれませんが役立ちそうなサイトを見つけたので、ここに貼っておきますね。

http://mblg.tv/enokiiii/entry/1/
このほか、わたしなりに色々考えたアイテムを書いてみようと思います。
●補聴器の電池(避難所等ではなかなか救援物資として入手しにくいうえ、聴覚障害の方は耳からの情報が断たれる可能性もあります)
●使い捨てコンタクトレンズ(今回の震災直後は東北への物流が途絶えたので、コンタクトレンズも品薄になりました。通販でも入手しづらかったとの事です)
●手書きの電話帳、アドレス帳(バッテリー切れで携帯が使えなくなった時、公衆電話から連絡するため)
●電動ではない手動式の灯油ポンプ(寒冷地で冬場に災害があった時、電動ポンプに使われる単一乾電池は真っ先に品切れになりますので)
●カセットコンロとガスボンベ(オール電化のお宅は煮炊ができなくてとても困ったそうです)
●汗ふきシートやおりものシート(お風呂に入れない、下着が替えられない時にも役立つそうです)
●クレンジングシートや化粧水等のお化粧品。「お泊りセット」みたいなのがコンビニで売ってますよね(避難所では何日もクレンジング出来ず困った女性が多かったみたいです)
●リップクリーム、ハンドクリーム、ボディローション(やっとお風呂に入れても、スキンケアができなかったそうです)
●ごみ袋や大きめのファスナー付きのビニール袋(100円ショップなんかで旅行用品コーナーにありました。せっかく着替えを持ちだしても濡れたら無意味ですし、汚れものも入れられますので便利です)
●ヘアゴム、ターバン、クリップ等、長い髪をまとめられるもの(ロングヘアの方は必需品です)


まだまだありますが、思いだし次第追加していきますね。(非常持ち出しと自宅の備蓄品に分けた方がいいかな?)


うちではサイトに書かれた分とわたしが思いついたアイテム、すべてはそろえていませんが、備蓄食料と、非常持ち出しをわけて用意しています。

まだチョコチョコと余震がありますし、関東や東海地方にも地震が来るかも・・・と予測されています。
準備しておくこと、どんなものを用意したらいいか知っておくだけでも違うと思います。
もちろん、そのご家庭によって用意するものの種類や量が変わってきますので。
うちみたいに大人2人の家もあれば、赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭もあるでしょうし、御病気の方、高齢者のお宅もありますもんね。

「一応、非常持ち出し袋はあるけど、あと何を用意したら便利かな?」という方に、少しでも参考になれば嬉しいです(*^_^*)

今回の大震災を教訓に、出来るだけ備えておいた方がいいと思うのです。
災害はいつ起こるかわからないものですからね。
[PR]
# by comayu555 | 2011-06-11 23:04 | 東日本大震災

震災後のスーパー事情。

えーと、こんにんちは。
今日は実家に帰ってちょっと母におすそわけなど。
昨日幼稚園から一緒だった友人が北海道土産を持ってきてくれまして。
北菓楼さんというところのバウムクーヘン♪
うちの母、バウム大好き人間なので、いそいそと持って行ったわけです。
大根とベーコンのコンソメ煮も一緒に。
帰りには持って行ったエコバッグに、新じゃが、蕗、胡瓜の辛子漬け、おせんべいが入っておりました。おすそわけに行ったつもりが、わらしべ長者のようになってしまいました(笑)。

さて、震災から3カ月もたってから更新するのもなんか変ですが、当時のスーパー事情など書いてみようかと思っています。

わたしが利用するのは主に3社。
一軒目、地元にむかーしからあるスーパー。実家からも近く、市内に支店がたくさん。これをスーパーAとしましょうか。
二軒目、某イ〇ン系。郊外にあり、車でないといけません。バスもありますが。これはスーパーBとします。
三軒目、去年出来た新しいお店。隣町の小さなスーパーの支店です。これをスーパーCとします。

震災当日パンやお水が買えたのはスーパーAでした。郊外のスーパーBには行く手段がなく。スーパーCは停電で休業。
スーパーA、すごい!さすが地元!とその日は思ったのですが、段々日にちが経っていくにつれ、わたしの中での評価が変わることに。
震災から1週間ほど後のことです。

スーパーA 個数限定の商品が多い(お一人様2個までとか)、価格が高騰、商品の棚が穴だらけ。
スーパーB 品薄すぎて買えるものがほとんどない。
スーパーC 価格はいつもより高めだけど許容範囲。空いた棚には類似する商品を陳列。価格の上がった商品にはその理由がかかれてある。

スーパーC、震災前はちょっと高めだし、商品の種類も多くないので、特売品を買いに行くお店だったのですが、ここに来てすごく好印象でした。
震災の翌日には停電中でもお客さん一人に店員さんが一人ついて案内しながら買いもの出来るシステムになってましたし、店員さんがものすごく丁寧で親切。
震災後はどこでも品切れ続出だった懐中電灯の類もここで購入出来ました。
しかも105円。
正確にはランタンですが4月7日の余震の時、夜中に停電したので大活躍しました。
単三電池1本で使えるし、テーブルにおくこともつるしておくこともできました。
中国産のでしたけど、買った翌日には売り切れになってました。
(きっとこのスーパーCのバイヤーさんはすごく頭の回転が早い人だと思いました!)
震災の後、なぜかふりかけ類が販売されてなかったのですが、まぜごはんの素やお茶漬けの素等で売り場に穴をあけないし、スープがなければインスタントみそ汁を普段より種類を多く、カップラーメンがなければ春雨スープやミニサイズのチキンラーメンみたいなものを用意してあって、本当に助かりました。
日用品として軍手とかも小ロットで売ってるし、生理用品も種類は少ないけど2パックとか買えたし、紙コップや紙皿、ラップ類も通常価格。(うちは水がすぐ出たので、紙皿や紙コップは必要なかったのですが、被災地に送るため多めに購入しました)

どこのスーパーも「震災の影響で」という貼り紙がしてあるのですが、このお店はそういう貼り紙と商品が一緒に並んでるんですね。
これはとってもありがたい!
自分達の食べる分だけじゃなく、被災地に送る食料や日用品も色々買うことが出来ましたよ。


で・・・いつも行ってたスーパーAですが。
後日談として、このような話を聞いてしまいまして。
「3月4月は何を出しても売れた。値引きしなくても売れた。広告を出さなくても客が来た」というお話。
なんだかなー・・・と思ってしまいました。
高かったです、たしかに。鶏肉600円とか。普段の倍くらいの価格でしたし。
代わりに茨城産のレタスが一玉75円とか。仕入れ値はいったいいくらだ・・・。
レタスは放射能の影響はないと報道されていたのに。
あんまり安すぎると逆に買う人が少なかったようで、いっぱい売れ残ってました。
ひっくり返すと裏側が茶色くなってるくらい。
スーパーCは一玉いくらくらいだったかな。128円とか158円とか普段通りの値段で、お客さんも普通に買ってたような感じです。

というわけで、この頃はスーパーCに行く事が多くなりました。

当時、東北の物流が途絶えたりして、仕入れも大変だったのでしょうけど。
普段食料とかの買いものには興味をしめさず、口も出さないエディさんが「スーパーCはいい。買うならあそこで買おう」というくらい、わたしたちの中でAとCの評価が下がっちゃいました。スーパーBなんか、貴重なガソリン(本当にガソリン不足で大変でした)使って行っても、買えるものがないんですもん(笑)。

現在は物流も震災前と変わりなくなって、品切れを見ることもなくなりました。
ですが、明らかに震災前よりもお客さんの数が増えてるスーパーC。
大きな災害があったこういう時こそ、お店のやる気とか真心とかが垣間見えるのだろうと思いました。
[PR]
# by comayu555 | 2011-06-03 12:52 | 東日本大震災

灯油を買えない暮らし

こんばんはー。
今日はずいぶんと暖かい日になりました。実は…今年初めて洗濯物を外に干しました(笑)。
実は窓の外の物干し竿をかける金具(何ていうんでしょう、×××←こんな形の伸縮するもの)が大雪の影響でまがりまして。
エディさんに渾身の力を込めて伸ばしてもらいました。
おかげで昼過ぎには洗濯物がパリッと乾きました!

さて、こんな暖かかった日に、書くのも変な話ですが、今夜は節電・節油中の寒さに耐えるくらしのお話です。
震災直後、おそらく東北全体が灯油・ガソリン不足になりました。
うちでは3.11の震災翌日、灯油とガソリンを買ったのですが、ガソリンスタンドは長蛇の列。
どこに行くにも車が必需品のこちらでは、ガソリンが買えないと通勤もままなりません。
幸い、うちはバス停や駅も近いのですが、ちょっと郊外に行くと、自宅からバス停まで何キロも歩かないといけないとか、普通にあります。
一応3月12日にエディさんの車は満タンに入れることができたのでしたが、その数日後からガソリンの供給がほとんどない、という状況になりました。
どこのスタンドも長蛇の列、しかも一度に20リットルとか制限もあり、市内は大変な事になってました。聞いた話ですが、とあるスタンドではリッター300円という高値でも並んで買った人がいたとか。
そんな状態なので、エディさんもしばらく電車通勤してたくらいです。

で、灯油。
3月の東北はまだまだ暖房が必要な時期です。特に今年は大雪の影響か、3月に入っても最低気温が氷点下になることもしばしばあったように記憶しています。
こちらの暖房は灯油を使うものがほとんどでして。エアコンだけではとても無理です。
うちの暖房も石油ファンヒーターです。
実家なんかお風呂のボイラーも灯油です。
気温が低いせいか、いつもよりも灯油の減りが早い。
でも品不足で買うこともできない。
と、なると出来るだけ設定温度を低くして厚着、ということになります。
一応電気だけで動く小さなヒーターもありますが、日本全国が「節電しよう」という時に、電気のヒーターを使うのも憚られまして。(しかもそんなにあったかくないし)

エディさんは割と暑がりなので、そんなに困ってないようでしたが、冷え症寒がりのわたし。
着込めるだけ着込みました(笑)
下着の上に長袖Tシャツ、フリース、その上にパーカー、さらに冬用の防寒着。
下はレギンスとジャージを重ね履き。もしくはネルのパジャマのズボンとジャージを重ね履き。靴下を履いた上に、フリースのフットカバー。
常にこのようなモコモコした格好で過ごしていました。
でも寒い(笑)。
うちのヒーター、設定できる最低温度が16℃です。
震災前は22℃くらいで稼働させてましたが、灯油がいつ買えるかわからないので、最低温度でがまん。6畳の狭いリビングが温まらない(笑)。
会社に行っても寒いんです。
うちの会社、エアコンとファンヒーターとストーブで暖を取ります。
やっぱり最低温度で稼働させるため、制服のスーツでは足がガクガクするほど寒いんです。
なんてったって、水槽の熱帯魚が震災の翌日凍死したくらいですから。(停電で水槽のヒーターが使えなかった)
会社に行くにも長袖Tシャツ、ブラウス、薄手のニットを着こんだ上にスーツ。80デニールのタイツの下にハイソックスを重ね履き。それでも、しもやけが出来ました。
社長は「寒い人は重ね着すればいいだけの事」というのですが、販売職で制服のスーツの下に着込むのはこれが限界でして。コート着て接客するわけにもいきませんから。
あの当時は使い捨てカイロも品切れで…まれに見つけてもお年寄りが買ってるのを見ると、なんだか買う気になれないというか。支援物資も「使い捨てカイロが必要です」と呼びかけられてましたし。そう言えば、ヒートテックとかも売ってなかったみたいです。
とにかく寒かったです。
「被災地の皆さんはもっと寒いんだから」とひたすら耐えていましたね。

ある日、近所のスタンドにタンクローリーが入るのを見かけまして。
「もしかしたら、灯油を売ってもらえるかも!」と、混み合うであろう開店直後を外して、お昼頃買いに行ったんですよね。
そしたら「整理券は?ない?うちは整理券ない人には一切売らないから!」と言われ、すごすごとポリタンクを持って帰ってきた事もありました。

油がないって、こんなに大変な事なんだ、と改めて知った次第でした。
灯油やガソリンは被災地優先ということは重々承知でしたが、お年寄りやご病人のいるお宅は大丈夫だろうか・・・と心配してました。
結局うちが灯油を買えたのは4月に入ってからだったような気がします。

今だから笑って「あの時寒かったよねー」と言えますが、本当にどうなるんだろうという不安な気持ちで過ごしてました。
そして、震災がもたらす被害は人の心も大きく変えてしまう、ということも学びました。
この事はまた改めて別記事で書いておこうかと思います。

それにしても、暖かくなって本当によかったなーと、つくづく実感しています。
[PR]
# by comayu555 | 2011-05-16 23:09 | 東日本大震災
こんばんは。
とうとう、東電が福島第一原発のメルトダウンを認めるニュースがでましたね。
本当はもっと前から炉心溶融はしていたのでしょう。
これからどうなってしまうのでしょう。

さて、大地震の翌日ですが。
朝、どうにも体調がすぐれず布団の中でウダウダしてたのですが、エディさんに6時半ごろ起こされまして。「電気復旧したから携帯充電しちゃえば、またいつ停電になるかわかんないから」と言われまして、いそいそと起きて充電。
前の晩は携帯で情報集めしてたのでバッテリーが残り僅かになってました。
情報集め以外では、ツイッターとミクシィで友人知人の安否確認。

電気が復旧したということは・・・シャワーできる!
というのも、わたし、アトピー持ちなので、お風呂に入らないと肌がガサガサボロボロ。
顔も同様です。このまま人前に出る訳にはいきません。接客業ですし。
エディさんに「また大きい余震が来たらどうするんだ」と渋い顔をされましたが、「速攻で洗って出るから!」と強引にお風呂場へ。
幸い15分くらいの間に余震が来ることはありませんでした。

上がり際に「シャワー、なんだか勢いが弱いような・・・」と思ったのですが、みんな電気が復旧したから水を使ってるのかな、とも思いました。
が、なんとなく気になって、後からパスタ鍋にお水を満タンに汲んでおきました。

身支度して朝ごはん。
前の日買ったパンと野菜スープ。

エディさんに「飯を大目に炊いておいて」と言われ、とりあえず3合炊きました。

テレビでは津波の被害の様子、石油火災の様子が繰り返し流れていました。
エディさんは休日でしたが、自宅待機。
わたしは時間通り出社。
前の日はふぶきでしたが、晴れて寒い日でした。
会社についてみると、シャッターが停電の影響でおろす事ができず、ロックした自動ドアに「本日、地震の影響で臨時休業とさせていただきます」の貼り紙。
聞いてないよーと、店の中をのぞいてみると真っ暗。
というか、会社のあたり、信号もついていない。
うちの周りだけ電気が復旧してたんです。

徐々に同僚の皆さんも出社しはじめて。
とりあえず、社長の自宅まで皆で行ってみることになりました。
「電気こないと何もできないから、今日は各自自宅で待機。家でやることもあるだろう」との事。

先輩から「これから断水になるから、水用意しとけよ」と言われ、とりあえずその足でスーパーに。社長宅の近くの駅前スーパーに行ってみると、駐車場まで長蛇の列。お店に入るまで、1時間弱並びました。
停電中なので、お客さん一人に店員さんが一人ついて、一つ一つ手書き伝票を作りながらの買いもの。
ここでも、懐中電灯、ろうそく、電池、食パン、ロールパン、バゲット類、バナナは売り切れ。2リットルのミネラルウォーターも完売。
お肉、お魚も冷蔵ケースが使えないので販売出来ないとの事。
お弁当も何もなし。(当たり前ですが)

ここではお水500mlペットボトル4本、お茶2リットル、カセットコンロ用のボンベ1パック、インスタントラーメン5食入り1パックを購入。
ふと思いついて、エディさんのおばあちゃん用にレトルトお粥、カステラ、蒸しケーキ等も追加。なぜならエディママはご飯のおかずは近所のスーパーのお惣菜で、マカロニサラダさえ買ってくる人なので、「もしかして、おばあちゃんが食べるものがなかったらどうしよう」と思いまして。

帰宅したらお昼近く。
すでに断水していました。
お鍋に水を汲んでおいてよかった。ご飯も炊いておいてよかった。

お昼ごはんは炊きあがったご飯をおにぎりに。
それからはずーっとテレビのニュース。
断水だから洗濯も洗い物も出来ないので、テレビかネットしかやることがないんです。自宅待機だから寝ることも出来ず。
エディさんが実家の様子を見に行くというので、午前中に買った水とお粥、カステラ等をお土産に持っていって貰うことに。
ご実家では断水してないということで、お水は返されました。
おばあちゃん、幸いなことに介護施設に3日くらい泊まっていたそうです。
よかった。その施設は自家発電があるそうで、暖かく過ごせたようです。

停電も断水も、生まれて初めての出来事でした。
水道は夜の8時過ぎに復旧。
ですが、茶色の水が出て、飲んでいいのかわからなかったので、お茶やミネラルウォーターでしのぎました。
トイレ用の水はお風呂の残り湯。

この日の夕方から携帯が圏外になり、連絡も取れなくなりました。
わたしもエディさんもソフトバンク携帯。
基地局がダメになったらしく、電源を切る、電源を入れなおす、を繰り返しましたが、まったく使えない状態。

とりあえずこの日はこんな感じでした。


翌日からは寒さとの戦いになったのでした。
[PR]
# by comayu555 | 2011-05-13 23:20 | 東日本大震災
こんばんは。
皆様、大変ごぶさたしておりました。
まずはこのたびの大震災で、お亡くなりになられた方、被害にあわれた皆様に心からおくやみとお見舞いを申し上げます。
また、東北で地震があるたびに、わたしのブログにアクセスしてくださった、皆様にお礼を申し上げます。
おかげさまで、被災することもなく家族親戚無事に過ごしております。

さて。
思い出したくないことばかりですが、忘れてしまってはいけないのでブログに残すことにしました。

未曾有の惨事となった、このたびの大震災ですが、地震発生時、わたしは会社にいました。
その日は半休で、3時で仕事が終わるので「帰りにスーパー寄ってこうかな」などと考えていました。
仕事も一区切りし、書類の整理などをしていると、グラ~グラ~という気持ち悪い揺れ。
去年の夏に耳を悪くして以来、たまにめまいを起こすことがあり、その時も「あれ、こんな強いめまい・・・」と思ったのです。
ですが同僚の「地震だ!大きいぞ」との声。
わたしはとっさに手近にあった機材を押さえました。病院でも使うような機材で、百数十万はするもの。もし壊れたら社長がどんな顔をするか・・・。(っていうか、この時点ですでに色々間違えてる)
そのまま揺れが収まるのを待つつもりでしたが、揺れが収まらない。さらに横揺れが強くなってるような気も。
「店の中は危ない!外に出よう!」という先輩の声に従い、店の外へ。
うちの会社、正面はガラスのショーウインドーですし、店内も鏡張り。什器もガラス製のものも多いのです。
商店街の皆さんも皆外へでて、不安そうな顔。
電線が生きてでもいるように揺れ、空からは吹雪のように雪が降り。
「看板の下に立つなよ」と言われ、上を見上げると、看板にヒビ。

ほどなくして、停電。
少しゆれが収まったので店内に戻ると、カウンターの裏においてあった熱帯魚の水槽からは水があふれてました。
かろうじて電源が入っていたノートPCでネットにつなごうとしても、回線が生きてない。
勿論エアコンやファンヒーターなどの暖房もすべて止まり。停電したせいか、電話も不通。
壊れたものがないか確認していると、また揺れがきて。水槽の水がジャバジャバとあふれているのが見えました。
再度、雪の降る外へ避難。
でも、あまりの寒さにまた店内へ。
これの繰り返し。

携帯のワンセグでテレビを見ると、信じられない光景が・・・。
たくさんの家が流されていく。
「これは何?映画のワンシーン?」と思ってしまうほどの、現実感のなさ。

ちなみに地震発生時の日本はこのような感じだったようです。
http://www.youtube.com/watch?v=Xn0IOkm49fg

社長が出先から帰り、「今日は早く帰ろう」と言うことになり、3時まで仕事だったわたしは、一足先に帰宅しました。(他の同僚も30分後くらいに帰宅したそうです)
まず水や食料、懐中電灯と電池を入手すべくスーパーへ。
スーパー・・・修羅場でした・・・。
停電しているので、お店の窓際にテーブルを並べ、お弁当やパン、少しの果物とお水のペットボトルの販売。
店員さんが電卓を片手に殺到する買い物客の対応に追われていました。
なんとかパン4個とお水2リットルだけ買うことができて。ろうそくや電池は完売でした。
その足で実家に。
実家には両親と中学生のおいっこがいまして、無事でした。
おいは部活の関係で、地元の中学ではなく、実家の近くの中高一貫校に通ってまして、母親であるわたしの姉が迎えにくるのを待っていました。
(この子がいたので、両親もシャッキリできたのだろうと、今になって思います)
実家の無事を確認したら、今度は住んでるアパートに。

アパートの中はどんなことになってるだろう・・・冷蔵庫の上に載ってるレンジが落ちてるのではないか、テレビが倒れてるのではないか、そもそもドアは開くだろうか、と恐る恐る入ると、レンジもテレビも無事。
ただ、レンジの上に乗せていた大き目のグラスが割れて、床にガラス片が散乱していました。
うちの被害はこれぐらいのものでした。とりあえずガラスを拾い、シンクの中へ。
ふと気づいて、お隣のおうちのおばあちゃんを探しに。お隣さんは一人暮らし。もしかして怪我でもしてないかと思い、鍵の開いた玄関から呼んでも返事がなく。
とりあえず、またアパートに戻り、ろうそくを探して。
おばあちゃんがいるかも、とアパートとお隣を行ったりきたりしているうちに、エディさんが帰ってきました。
エディさんとお隣へ行くと、おばあちゃん、無事でした。
近所の電気屋さんに電池を買いに行ってたとの事。

無事を確認したエディさんは「ちょっとそこの庁舎と実家行ってくる」とヘルメットを片手に出かけてしまい。(そういう職業です)
わたしは、日が暮れないうちに、ろうそくを探したり、また大きな余震がきたら持って逃げれるように荷物をまとめたり、パンのほかにそのまま食べられそうなものを探したり。
そんなことをしている間にも日は暮れ、いつかの誕生日の時に使ったケーキ用の小さなろうそくを灯して待っていました。勿論暖房は使えず、家の中でもコートを着て。それでも寒かったです。
ろうそくの炎が揺れるのを見ていると、地震の揺れに酔ったのか、めまいがしてきます。
ひとりぼっちで本当に怖かったです。揺れてないはずなのに、いつまでも床が揺れてる感じがする。

帰ってきたエディさんと、お湯を沸かして買い置きのカップ麺とパンで晩御飯。
(うちの方はプロパンガスなので煮炊きはできます)
ラジオと無線を聞きながら、二人とも無言。
エディさんが実家から石油ストーブを借りてきてくれたので、幸いにも暖は取れました。
めまいのせいか、温まって気がゆるんだのか、わたし、意識がなくなるように床の上で眠ってしまったんです。
エディさんの話ではものすごいいびきをかいて寝てたそうです。
わたしが寝てる間にも何度か余震があったそうなのですが、全く目を覚まさなかったそうです。

エディさんに起こされて、「こうしてても仕方ないし、風邪引くと困るから布団で寝よう」ということで、冷え切った寝室へ。
一度目が覚めたら今度はあまり寝付けず、ウトウトしてはラジオの緊急地震速報の音で目が覚めて。すでに時間の感覚とかはありませんでした。


テレビも見れず、携帯の情報とラジオだけが頼り。
このときは隣県の被害の凄まじさを知ることもできませんでした。

地震直後、携帯のワンセグで見たあの光景はあまりにも地獄すぎました。
翌日電気が復旧し、テレビで本当の地獄を見てしまうことになるとは思っても見ませんでした。
[PR]
# by comayu555 | 2011-05-08 22:15
こんばんは。
半年以上もお休みしてました(汗)、皆さまお元気ですか?
今日、とてもうれしい事がありましたので、ちょこっと復活して更新に来てしまった小まゆです(*´∀`*)

さて、前回の記事ではエディさんの実家のおばあちゃんが入院して・・・と言うことを書いてましたが(その記事は現在非公開にしています)、おばあちゃん、5月の連休に退院して、自宅療養をしてました。現在は車いす生活ではありますが、元気になりました。
ディサービスにも週に2日ほど出掛けて、お風呂に入ったり、グランドゴルフまでできるようになりました!
まぁ、その間、わたしとエディママの間には色々とあったのですが・・・。

私がブログを休んでいた理由・・・、この夏に少しだけ体調を崩してしまったんですね。
と言っても入院したとか手術した、とかおおごとではなくて。
7月の半ば過ぎ、ある日突然左耳が聞こなくなってしまったのです。
その日は仕事で、郵便局にお使いに行ったのでした。
「50円切手500枚ください」という自分の声が、自分の声で無いように聞こえ、応対して下さった局員さんも何を話しているかわからなくなったのです。しいて言えば、新幹線に乗っていてトンネルに入った時、耳が詰まった感じになりますよね、あれのひどい感じ・・・。
その時は「気圧の変化かな?」とか「朝シャンプーした時に耳に水が入ってしまったのかな?」くらいにしか思わなかったのです。
何度も唾や水を飲んで治そうとしたのですが、治らず。もしかしたら耳垢が奥の方にあるのかも?と何度も耳を掃除したりしましたが一晩寝て起きても一向に治る気配がない。
社長に「昨日から耳が聞こえにくくなって・・・」というと「それ、やばいよ、しばらくしたらめまいがするかも知れないから早く病院に行った方がいい」と言われました。が、「今から行きなさい」とは行ってもらえず、聞こえなくなってから4日目の休みの日、耳鼻科を受診。

聴力検査、問診、耳管カテーテル治療をして診断されたのは「内耳リンパ液の循環が悪く、耳管が狭くなってる」とのこと。
その日は「脳の疲れを取る点滴」と言うのをして頂いて帰ってきました。
7時半に受付して家に帰れたのが午後2時。
「イソバイド」というメニエール病のお薬や色んなお薬を山ほど処方されて帰ってきました。

「メニエールにとても似ているけれど、メニエールではないようです」というのが先生の診たてでした。
それから仕事が休みのたびに通院してカテーテル治療と聴力検査、点滴をしてもらうこと3カ月。
何と言っても困るのが仕事です。お客さまの声が聞こえない、電話が聞こえない、社長やお店スタッフの声も聞こえない。
右耳は何ともなかったのですが、徐々に右耳が高音を拾うようになりまして。
金属の工具がカウンターに当たるおと、茶碗がぶつかる音、後輩女子のヒールの「カツコツ」という足音さえ右耳から頭に響きまして。
ほんとうに辛かったですねぇ。
左は聞こえない、右はすごく響く、というのはすごく疲れる事のようで、夜はちゃんと寝ているのに日中突然意識が無くなるように睡魔に襲われるのです。
(たしかマイクロスリープとかいうもので、脳が「これ以上脳を働かせると倒れる」と判断してカクっと意識が無くなるように寝てしまうそうなのです)何度こっそり会社の倉庫に隠れて寝たことか・・・(笑)。
社内の人に隠してはおけないだろう、と
先輩女子の方に「左耳が突然きこえにくくなりました」というと、「浜崎あゆみの真似?」と笑われたり、何度も聞き返して嫌な顔をされたり、軽いめまいがするので壁伝いに歩いていると奇異な目でみられたりと結構辛かったですねー。

このメニエールに似た難聴の原因は「ストレス、肩こり」でした。
先生曰く、「ひどい肩こりのせいで血流が悪くなり、内耳がむくんで耳管狭窄になっている、『耳管機能不全』主な原因はストレスです」とはっきり言われてびっくりしました。

確かにおばあちゃんの入院や仕事の事で忙しくはしていたのですが、まさか耳が聞こえなくなるほどストレスがたまっているとは思わなかったのです。

でも、そんなわたしにも救世主が。
高校時代の同級生。お盆に帰省してきた時、夜中まで付き合ってくれて。
別に何か特別な内容の話しをしたわけでもなく、ただ普通に話を聞いてくれて。
それだけで、あんなに気持ちが軽くなるとは思いませんでした。この3連休にもわたしが上京した時、忙しい時間を割いてくれて、またおしゃべり。
その友人にはとても感謝しています。

「急に耳が聞こえなくなった」というと、友人知人、姉までもが「それ、ストレスだよ!」と。ほぼ9割方そう言われで苦笑気味でした。
この夏はほんとうに何もしたくなくてダラダラ過ごして自分を甘やかしてました。

現在、耳の聞こえは日常会話程度なら大丈夫になりました。
ただ、低めの声で話す人や男性の声はやっぱり聞き取りにくく、電話をしているときに誰かが話し始めると全くといっていいくらい聞こえません。

まだ完治と言うわけではなく、また来月受診することになっています。
ストレスの原因を取り除かないことには、どうしようもないらしいです。
ストレスの原因を探して少しでも早くよくなりたいと思ってはいるのですが、これがなかなか難しいです。何がストレスになっているのか、自分でもいま一つわからないのです。
一つ一つ、色んな事と向き合って探して行くしかないんだろうなーと思ってます。

最後に長い間更新しなかったのに、チョコチョコ見に来て下さった皆様、心配してくれた友人知人、わたしのくだらない話しに真夜中まで付き合ってくれたしたむらさんに、心から感謝しています。

また何かあったら少しずつ更新していこうかな、と思っています。
この記事を読んで下さった皆様へ。
ストレスを軽くみてはいけません。ため込まずに発散した方が絶対いいです。そして、もし「この頃耳が変だなー」と思ったら早目の受診をお勧めします!!

そして、長文にお付き合いくださいましてありがとうございました!
[PR]
# by comayu555 | 2010-10-20 22:51 | ごあいさつ

記念日ゴハン

こんばんはー。
3月も終わろうとしているのに、雪が降ってます!会社帰りにスーパーに行ったら吹雪!
寒さ暑さも彼岸まで・・・って嘘だー。
高校を卒業した年の今日は雪なんか降ってなかったぞー。
本日はいろいろ感慨深い小まゆです。

さて。
今日はちょっと個人的にお祝い事があって、ちらし寿司を作りました。
本日、エディさんの告白記念日です(笑)。
今から何年も前に告白されちゃいました(笑)。
と言うことで、ビンボーなりにも若干豪華なディナー。
c0132327_2317299.jpg

お刺身とスモークサーモンをのせたちらし寿司。
薄やきたまごと舞茸のお吸い物。
手羽元と大根の煮物。
今日、お給料日なのでお刺身買えました!

なんでエディさんがわたしを好きになってくれたか、こんなに長い期間付き合い続けているのか未だにわかりません(笑)。
でも、まぁ、しらない方がいいことだってあるよね、ってことで。

ちなみにエディさん、今思えば当時はなんちゃって外国人みたいでした。
「最近、thinking of youなんだよ」「俺が東京に帰ったら、だれかが小まゆのheartを射止めるのかな」と言う電話を貰った時は笑いをこらえるのが大変でした。(英語部分は発音がネイティブっぽい)よくわかんないうちに付き合ってましたが、遠距離恋愛を経て、こんなに長続きするとは。
人生何があるかわかんないものですねー。

「飽きないの?こんなに何年もいるのに」と聞かれ、同じ質問を返したら。
「うん。だって、小まゆ変なやつなんだもん」と言われました。
そうかー、変なのかー・・・。
変でもなんでもいいけどね・・・。
って言うか、エディさんも変です(笑)。
変なやつ同士仲良く行きたいものです。
[PR]
# by comayu555 | 2010-03-26 23:38 | ありがとう♪

おふくろの味大集合♪

こんばんはー。
今日は朝から雪が降ってました。このあたりの小学校では卒業式があったようです。
卒業式と言えば桜が付き物みたいな感じですけど、ここ北国では桜なんてありえません(笑)。桜が咲くまでもう一月もありますもん。
早くあったかくならないかなーと思ってる小まゆです。
北国生まれ、北国育ちですが、寒いの大っきらいなんです(笑)。

さて、今日のバンゴハン。
おふくろの味っぽいものを集めてみました。
c0132327_220197.jpg

炒り豆腐、鱈の粕漬け、切干大根、舞茸と長いものお味噌汁。
炒り豆腐はエディさんの大好物です。
が・・・実は面倒なので、できれば避けたいメニューです(笑)。だって、豆腐の水きりから始まって、干し椎茸を戻して、野菜を刻んで・・・って結構手間がかかるよー。
でも一回作っちゃえば、作り置きできるので、自分に気合を入れて頑張ってみました。
あとは鱈の粕漬けを焼いて、切干大根を添えて(会社の近所のお店のお惣菜です)。
お味噌汁は特売で買った舞茸があったので、長いもといっしょに煮ちゃいました。舞茸と長いもって結構合うなぁ。鱈以外のおかずには全部キノコが入ってます。
キノコダイエット(笑)。
ずっとダイエットしてたつもりなんですが、ホワイトデーに美味しいマドレーヌを頂きまして。食べた翌日からリバウンド!!
やっばーい!!

マドレーヌ、まだ5個もあるんですよー。どうしよう・・・。
でも美味しいから食べちゃうと思います(笑)。
出来るだけ和食中心でプチダイエットを続けるつもりです!
[PR]
# by comayu555 | 2010-03-17 22:16 | たべてみた
こんばんはー。
今日はお休みでした。おでかけしたかったのですが、あいにくの雨と強い風。
明日は雪が降るそうです。おいおい、3月ももう半ばですよー。
ま。暑さ寒さも彼岸まで・・・って言いますもんね。
雨降り+休日のリラックスで頭が痛かったので横になったりしておとなしく過ごしてた小まゆです。

今夜のバンゴハンは残業続きのエディさんをねぎらおうと彼の好きな豚肉を使いました。
使った調味料はこれー!!
c0132327_2213367.jpg

クレイジーソルトの姉妹品(?)、クレイジーペッパー。
鶏ムネを焼く時使ったりしてましたが、豚にも合いそうだと思い使ってみました。
c0132327_22154242.jpg

豚ロースのクレイジーペッパー焼き、もらったキャベツ(ホワイトデー)、貰ったパセリ(ホワイトデー)、スナップえんどう。烏賊の松かさ焼き風、じゃが芋にんじんのお味噌汁。
パセリが大量ですが、最近眼精疲労がひどくて・・・。パセリは目にいいんですよね、たしか。
豚肉にも合うようです、クレイジーペッパー。
これ、成城石井で買ったんですが、この辺で売ってないんですよねー。
隣の市のイオンの中にあるカルディでもクレソルはあるけど、ペッパーはないし。
お取り寄せするほどの物でもないような気がするので、また成城石井に行ったらまとめ買いしてこようかなぁ・・・。
西武あたりの地下においててもらえるといいなー。

デパートや輸入食品のお店に行くと、ついつい調味料関係をチェックしてしまいます(笑)。
なんか料理が下手でも美味しくなるような気がして。
[PR]
# by comayu555 | 2010-03-16 22:26 | つくってみた
こんばんは。お久しぶりですー。めっちゃ放置してましたが、別に体を壊したわけではありません。パソコンのキーボードの具合悪く、長文を入力するのが大変でして。
そのほかにはミクシィのアプリでチームに誘って頂きまして、ミッションをこなすのが精いっぱい・・・。マイミクさんつながりで結成したチーム、めでたく上位入賞!
ネット上のお友達も増え、すっかりこのブログは放置プレー(笑)。
なのに、毎日訪問して下さる方がたくさんいて、すごくうれしかった小まゆです。

さてホワイトデーと言うことで、エディさんの実家からたくさんのお返しを頂きました。
エディママお手製の炊き込みごはん、いちご、なんか高級そうなベーコン、パセリとカット野菜の千切りキャベツ。(キャベツは使いかけじゃなくて未開封でしたー。珍しい・・)
あとは八宝菜とお味噌汁を作っただけでゴハンです。
c0132327_21313545.jpg

八宝菜は白菜ではなく、ちょっとしおれてきたキャベツを使いました。
あとは・・・豚肉、むきえび、いか、椎茸、にんじん、ねぎを使いました。
・・・あ、これじゃ七宝菜だ(笑)。
お味噌汁は豆もやし、あぶらあげ、にんじん、ねぎ、豆腐。
肝心の頂いた炊き込みごはん。
「今日はいい干し椎茸を頂いたからそれを使ってみたの。ホワイトデーのお返しはこれでーす」とお礼の電話をした時にハイテンションでおっしゃってました(笑)。
91歳のおばあちゃんがいるので、柔らかめでしたが美味しかったです。

ところで、このお返しを頂くにあたり、ちょっとした事件がありまして・・・。
仕事中に会社にエディママからお電話を頂きまして。
電話を取った先輩は「なにか急用だろう」と接客中のわたしに取りついでくれたのですが、用事を聞くと「エディは今日うちにくるのかしら?洗濯物も出来てるし、ごはんを炊いたからとりにきてほしいんだけど、エディはこないし・・・あなたの会社に持って行っていいかしら?」と・・・。
へなへなー・・・。脱力~。
携帯ではなく会社の電話にかけてくるんだから、おばあちゃんに何かあったのかと思って、一瞬ヒヤリとしたんですよねー。
仕事中なので、エディさんの仕事(昨日も今日も休日出勤)が終わり次第取りに行ってもらいます、と会社に来てもらうのはお断りしたんです。
帰宅してちょっと一休みしたら今度はアパートの電話が鳴って・・・出てみたらエディパパ。
「小まゆさん?エディはまだこないんだけど、いつ帰ってきますか?もしアレだったらお父さんが届けに行くけども・・・それとももうこちらに向かっているかな」
行き違いになるといけないので、「エディさんに連絡して状況が分かったら折り返し電話します」と言って、今度は仕事中だろうと思われるエディさんに電話。

エディさん・・・実家に電話して怒ったそうです(笑)。
自分の携帯番号を教えてるのに、なんで小まゆの会社に電話するんだ!!と。
わたしの携帯番号も教えてあるんですけどねー。
携帯にかけたくないのかなー。
教えてあるはずなのに、「わたし、小まゆさんの携帯知らないわよ」と・・・。
お料理も野菜も嬉しいけど、ちょっと困った出来事でした。
ちなみに・・・接客中だったお客様、なにも買わずにお帰りになりました・・・とほほ。
社長がたまたまいなかったからよかったものの、その場にいたら絶対怒られてたよー。

エディパパかママ、どっちでもいいから携帯持ってくれたらいいのになー。
そしたらメールでやり取りできるのに。
前にエディパパに、水墨画の教室も受け持ってるし、携帯プレゼントしよっか?って話しあった事があったんですが、「年金暮らしだから月々の料金も心配だしいらない」と言われちゃいました。持ってた方が生徒さんたちも便利だと思うんですが。
とりあえず、今後は緊急時以外は携帯にかけて貰うようにお願いしましたが、天然なエディママはまた会社にかけてきそうな予感です(笑)。
[PR]
# by comayu555 | 2010-03-14 22:10 | ありがとう♪